News

2004年11月、ドイツ・シュツットガルトの 「リーダーハーレ(Schubertaal Stuttgarter Liederhalle)」にて 「Genji」(源氏物語より)を公演してきました(11月28日)。

共演は 井上直美さん(ソプラノ)、 ハラルド・リアハマーさん(ピアノ)、 ヨハン・クラコウスキーさん(ポエムリーダー) です。

この「Genji」プロジェクトは、ドイツ在住ソプラノ歌手・井上直美さんが 数年前より構想していて、わけあって? 僕が音楽プロデュースをすることになりました。

源氏物語の根底にある世界観・思想観・死生観などを、 ヨーロッパで提示しようという(だいそれた・・・) マサノブ・パウル・ワカイさんのドイツ語のテキストが、 鳥肌ものの言葉の数々です!

雅楽やその元になった古代中国音楽理論や、 日本音楽のエレメントを取り入れ、 源氏物語のなかの和歌から直美さんが歌詞として選びました。

ハラルドさんの自在なタッチは ピアノで東洋的モチーフを美しく展開させました! 柔軟で自由なスタイルの彼は ドイツでは かなり特異な方だそうです。

(彼は若くしてシュツットガルト音大の教授です) コンサートは、3回のアンコールあり、」 時間がアッというまに過ぎたと好評でした。

今後もう少し編成を増やし、 ダンス・スクリーンメディア等との コラボレーションに発展させる予定です。

煌玲の ドイツ公演報告でした。