木歌 (もっか)

淺野 牧子 – 木歌 (もっか)
Mocca
Artist/Singer
木歌 オフィシャルサイト
FaceBook
プロフィール

声を楽器のように自由に操り、独自な世界観で、森羅万象を表現する稀に見る感性の歌手として活躍。様々な団体の記念式典や、神社仏閣などでの奉納演奏を任される存在となっている。そして、ピアノ、ギター、カリンバを用いて、愛を伝える弾き語りも行う。一度聞いたら、忘れられないその声の魅力は、世界中で賞賛を得て、ヨーロッパ、アジア各地で活躍中。もっかという名前は、大きな木のような存在に、そんな歌が歌いたいということで名付けられた。

「すべての生きとし生けるものすべてが幸せでありますように。」を信条に活動中。
2004年より歌手活動を開始。
2010年よりもっと本質的な音を求めて、ソロ活動を開始。「声」を主体とした表現活動を行う。
2011年より日本の中心「岐阜」に住まいを戻し、自然のリズムに根ざした生活をクリエイトし始め、無農薬にて米作り、祭作りを手掛け、地元での活動の輪を大切にしている。
2011年秋にはヨーロッパを廻り、JapanCinemaFestivalにて世界遺産ヴィッキオ宮殿、大広間で独唱。
2013年JEJU国際舞踏フェスティバルへ参加したのをきっかけに、舞台音楽,ライブペイント,パフォーマンスとのコラボレーションも多い。
2015年には韓国国際芸術祭に参加し、芸術としてArtの世界でも確かな存在感で彩を放つ。映画『THE DAY』への楽曲提供。
2014年水島ヒロ主演映画『黒執事』の劇中歌など、映画音楽との出会いも好評を呼んでいる。
2016年夏,にはドイツ,フランス,オランダ,ノルウエーへ演奏旅行へ出かけ、国外でもその歌声に賞賛を集め、日本美を思わせるその姿は確かな説得力を与え、言葉や人種の枠を超え感動を与えている。
同時に、ホスピスや障害者施設などでの活動も、彼女の芯を支えている。
近年「声と呼吸のワークショップ」を各地で開催し、心と体をつなげ、自らの体に声を響かせる、声を主体とした健康法をすすめている。

出演依頼・お問い合わせ:burimocca[at]me.com
[at]は@に変更して、ご連絡ください。