News

「音楽舎まほら」の奈良手向山八幡宮宵宮祭での奉納コンサートは今年で13年目を迎えました。
龍笛・笙の奏者を中心に、 アコーディオンの後藤ミホコ氏、高木了慧氏、久保比呂誌氏 をゲストにむかえました。

オープニングは、大篳篥と同じ楽器であるトルコの民族楽器”メイ”を扱った演奏ではじまり、
古典雅楽の曲である「蘭陵王」をアレンジした曲をゲストとセッションしました。

またゲストのソロ演奏などもありました。

今回は、実験的にUstreamでのライブ中継も初めてすすめることができました。

▼YouTube